AGAだからって悩む必要なし!

初期段階で治るAGAとは

AGAは現在、専門のクリニックや病院などで治療をすることによって、薄毛を改善することができるといわれています。
特に、まだ薄毛が進行し始めた人の場合、その効果は高いといわれています。
もちろんある程度薄毛が進行してしまった人でも効果はあるといわれていますが、そのような場合は、多少の効果、あるいは現状維持にとどまることが多いと考えられます。
なぜ、AGAは初期段階であれば改善の見込みがあるのかというと、AGAの症状があったからといっても、髪の毛はまだ生えている段階だからです。
髪の毛が薄く見えるのは、毛が細くなっているだけであり、本数としてはまだある状態です。
ですから、しっかりと髪の毛の栄養が行くようにしてあげることができれば、これまでのような太い髪の毛に成長させることができると考えられます。
そのために、医療機関などでは薄毛の原因となっている酵素を弱める薬を処方することになります。
しかし、薄毛が進行してしまってしまうと、ほとんどの髪の毛の成長が著しく止ってしまっている状況になり、いくら薬を飲んで髪の毛の成長を促したとしても、細胞自体が死んでしまっていれば再生することは難しくなってきます。
ですから、最近になっていわれるようになったAGA治療は、まだ細胞が生きていて、再生の見込みがある髪の毛に対して効果があるということになります。
ただし、自分がどの程度AGAが進行しているのか、まだ初期段階の内にあるのかといったことについては、自分ではなかなかわからない場合があります。
ですから、自分の症状がどの段階を調べるのであれば、医療機関で一度検査をしてみるとよいかもしれません。
最近のAGAの検査では、薬を服用することによって、どのくらいの改善が見込まれるのかといったことがある程度わかるようになっています。

■プロペシアについてはこちら
プロペシアの注意事項
■男性型脱毛症の治療に
プロスカーは安価かつしっかり効果を発揮する
■プロペシアに含まれている成分
デュタステリド